看護求人サイト >> 看護求人サイトのデメリット

看護求人サイトのデメリット

看護求人サイトを利用するデメリットのひとつとしてあげられるのが、一人ひとりにキャリアコンサルタントが付くということです。

キャリアコンサルタントが付くということは一見メリットのようにも思えますが、担当のキャリアコンサルタントのスキルが劣っている場合、逆にデメリットとなってしまうこともあるでしょう。

ほとんどの看護求人サイトは、すべてのサービスを無料で提供しています。

収入は、看護求人サイトで求人募集広告を掲載する医療機関から得ていますので、無料でのサービス提供が可能となっているのです。

医療機関側から収入を得ているということもあり、看護求人サイトとしては何としても看護師を紹介しなければならないのです。

そのため、キャリアコンサルタントによっては強引ともいえる手法で、看護師の転職先を決めてくることもあるでしょう。


また、キャリアコンサルタントがコミュニケーション能力の劣っている場合も、スムーズに転職活動ができないのです。

もし、キャリアコンサルタントと話してみて自分とは合わないなと感じたら、別のキャリアコンサルタントに担当を替えてもらったほうが良いでしょう。


看護求人サイトのデメリットとして、医療機関に直接応募する看護師より不利な場合がある、ということがあげられます。

前述した通り、求人サイトは求人広告を掲載する医療機関から収入を得ています。

医療機関側からしたら、お金を払って人材を採用するより、当然お金を支払わずに人材を採用するほうが良いのです。


以上のことが、看護求人サイトのデメリットといえるでしょう。